ステッピング・モータ

ステッピングモータはパルスモータとも呼ばれ、パルス信号を与えることによって決められたステップ単位で回転するモータのことです。

回転角度と回転速度が、与えるパルス信号の回数と周期によって決定されます。つまり、定格負荷内であれば、フィードバック制御なしで思った通りの動きをしてくれます。

通電状態(励磁状態)で特定の端子に信号を与えっぱなしにすると比較的大きな静止トルクが得られ、通電しない状態(無励磁状態)でも小さいながら静止トルクがあります。そして、パルスの供給を止めるとピタッとその場で正確に停止するため、正確な回転角度制御に適します。

分類としてはブラシレスモータに属するため、機械的な接触子がなくて長寿命です。