DC モータ

DCモータとは、固定子に永久磁石を使い、回転子(電機子)にコイルを使って構成されたもので、電機子に流れる電流の向きを切り替えることで磁力の反発、吸引の力で回転力を生成させるものです。

一般にDCモータは回転の制御がし易く、制御用モータとして非常に優れた特性を持っているといわれます。

DCモータの特徴を挙げると、
 (1)起動トルクが大きい
 (2)印加電圧に対し回転特性が直線的に比例する
 (3)入力電流に対し出力トルクが直線的に比例し、かつ出力効率が良い
 (4)低価格
となります。